次回5月18日のガッテンは指原莉乃も大絶賛のふわふわオムレツと究極の卵かけごはん!未体験の卵料理も!

5月18日のガッテンでは、「卵料理のニューウェーブ!大人気のふわふわオムレツや、究極の卵かけごはん!」と題して、卵本来のおいしさと楽しさが徹底紹介されます。

※5月18日の実録はこちらです。究極の卵かけごはんを作ってみました!

昔から朝食の定番ともいえる「卵かけごはん」ですが、ブームになってからもう10年以上経つんですね。

2016-05-17_102139

卵かけごはんの火付け役とは?

そもそも「たまごかけご飯」のブームが全国に拡大したのは、島根県雲南市吉田町で2005年10月に行われた「日本たまごかけごはんシンポジウム」がきっかけだったようです。

⇒卵かけごはん ブーム爆発の謎

その後、読売連合広告社が2007年9月に発売した「365日たまごかけごはんの本」は書店でよく見かけました。そのとき『TKG=卵かけごはん』の略称が流行りました。DAIGOさんの先駆けみたいですね(^^)

卵かけごはんの『但熊(たんくま)』

2006年3月に、兵庫県豊岡市では「たまごかけごはん 但熊(たんくま)」がオープンし、
外食としての「たまごかけご飯」が本格化しました。

2016-05-17_122518

卵かけごはんのお店としては、全国区です。但熊さんには1度お邪魔しました。出石(いずし)へそば打ち体験をやりに行く途中でした。30分は並びました。卵食べ放題です!何杯もおかわりしたいところを3杯ほどにとどめました。夕食がカニの予定でしたから(^^)

⇒私が行った、手打ち出石皿そばの入佐屋(いるさや)さん

2016-05-17_121528

たしか旅雑誌で、東京から兵庫の但熊までやってきて、卵かけごはんを食べたって記事を読んで以来ず~っと気になっていたお店です。すごいです、但熊さん、いまだに超人気店です!

卵は少し寝かせた方が美味しい?

ガッテンでは究極の卵かけごはんも登場するのでワクワクです。ちょっと、気になったことがあります。

そんな卵の新世界をお宅で楽しむ一番のカギは、「冷蔵庫で少し寝かせた卵」を使うことだった!

実は、少し寝かせた卵がおいしいことは、美食の国フランスでは常識!「卵は時間がたつほど悪くなる」と思ったら大間違いで、食感や白身の泡立ちは、あえて時間をおいた卵の方がはるかに上!

引用:ガッテン公式サイトより

卵を寝かせるってどういうこと?

ミソは『冷蔵庫で少し寝かせた卵』ってことです。おそらくですが、味付けした卵液を2時間ほど冷蔵庫で寝かせるはずです。

冷蔵庫で寝かせるといっても、まさか賞味期限ぎりぎりになるまで放っておくという意味ではないと思いたいです(^^)

※全然違いましたm(__)m むしろ賞味期限超えてもムチャクチャ美味しいことがわかりました。5月18日の実録はこちらです。

実は、卵液を2時間冷蔵庫で寝かせるというのは『コレ考えた人、天才じゃね!?(テレビ東京系列で2016年3月まで放送されていた)』で、2015年11月13日に放送された裏技です。

卵液は必ず冷蔵庫保管が必要です。以前、私の社員食堂で、卵を割って常温保存していたようなのですが、かなりの人数がサルモネラ菌にやられました。入院する人も出ました。


5月18日のガッテンでは、プリプリの白身が最高においしい「ゆで卵」や「目玉焼き」も紹介されるそうです。究極の卵かけごはんとともに必見です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA