ハチミツの効用

2016-02-03_1341592016-05-23_080829

実は、ハチミツが喉に良いって情報は、『世界一受けたい授業』でも取り上げられたことがあります(^^)

病気が潜んでいるセキでなければ、ハチミツは絶大な効果を発揮してくれます。
セキの原因は喉の刺激に対する反射作用(防御作用)です。
風邪などの場合も気道に存在するウイルスを排除しようとするために咳込みます。

それではなぜ「ハチミツ」で咳が止まるのでしょうか?

ハチミツには喉の殺菌と粘膜保護作用があります!

最近アメリカの研究でハチミツが小児用のシロップ状の咳止めと同等かそれ以上の効果があると明らかになりました。

ハチミツの中に存在するグルコースオキシダーゼという酵素が、過酸化水素という物質を
つくります。これが強力な殺菌作用を持っているのです。

他にも殺菌作用としてお茶に含まれているカテキンも有名ですが、ハチミツは殺菌作用だけではないのです。ハチミツの成分は喉に付着した雑菌を倒すだけでなく、荒れた粘膜を保護してくれるのです!

その結果、あの苦しいセキが止まるんです。
ハチミツは薬ではないので、安心して飲むことができますが、くれぐれも1才未満の赤ちゃんには上げてはダメです。乳児ボツリヌス症という、とても恐ろしい病気を防ぐために1987年から厚生労働省が注意喚起していることは、もうご存知ですね!

ハチミツの飲み方はとても簡単です。セキが出たらハチミツ小さじ1をお湯100ccに溶かして
ゆっくり飲むだけです。飲む回数は喉の痛みと相談してください。でも、1日に5杯や6杯も飲まなくても効果あります。

料理する時も、砂糖代わりにハチミツを利用することがよくあります(^^)
しかし、ここで個人的なこだわりがあります。

安価なハチミツは選択しないということです。
『段ボール肉まん』や『ゾンビ肉』のニュースは記憶に新しいところだと思います。
食の歴史が4000年あり、その食文化は世界に名だたるものです。

しかし、それは宮廷料理などの貴族が食する安全性の高い食べ物だけの話だと思っています。
ハチミツのような、土壌が関係してくるものについては、〇国のものは怖いと思います。

家族や子どものためにも、多少は値が張っても、ハチミツについては安全性が保証された本物
を選ぶべきだと考えます!

スポンサーリンク